昨日は心理学博士、公認シニアハコミトレーナーの高野雅司さんによる
ラビング・プレゼンス(LP)、アドバンスワークショップに参加しました。

ラビング・プレゼンス(LP)って?
ハコミセラピーという心理療法の中の一概念です。
相手の存在に焦点を合わせ、「自分にとって必要なエネルギーを受け取れないか?」
という視点で相手を見て、相手から感じられるプラスのエネルギーを受け取り、
まずは自分を満たすことから始めるという関わり合い方です。

簡単に言えば、相手から素敵な何か、例えば『心地よい感じ』だったり
『優しい雰囲気』『力強い感じ』『爽やかな感じ』を貰って自分の糧にしちゃいましょう♪というスキルです。

今回のアドバンス1・2は以前にラビング・プレゼンス【ベーシック】【スキルアップ】
を体験した参加者が対象のワークショップでした。

アドバンス1では、普段の会話の中や日常生活でLPを活かすワーク。
午後からのアドバンス2では、苦手な人やきらいな人との関係に感情を振り回されない為のLPワーク。

感じ方、とらえ方は個々それぞれだと思いますが、私は
アドバンス1では、温かな気持ちで俯瞰的に物事をとらえ、
広い視野で受け取ることができるワークだと感じました。
そして今回、目から鱗!と個人的には思っているアドバンス2の印象強さ!
午前に行ったアドバンス1の穏やかに広い視野で受け止めるから一転し
自分の中の怒りや負の感情にどっぷりじっくり頭まで沈み
極寒の氷の世界に小さな草の芽みつけ「あぁ」と顔がほころぶような感覚。
はたまた、氷の世界の中から一歩飛び出し、氷の美しさ自然の偉大さを感じる
そんなワークと私は感じました。
あれ?わかりにくい?

自分の中に起こる、負の感情を客観的に見つめ
気持ち、体に起こる反応をたっぷり、じっくり、これでもかというくらい味わう。
今までのLPのワークショップでは味わったことのない新感覚

きらいな人や、苦手な人に対し無理に「そんなこと思っちゃいけない」とか
「私の器が狭いんだわ」なんて思う必要はございません!
きらいな人はきらいだし
苦手なひとは苦手です。
それでいいんです!だってにんげんだもの。
その感覚をじっくり味わいきった後
自分にいいこ、いいこ。自分の気持ちに寄り添い認める
その上で、苦手な人の存在からLPでなんか良い物もらっちゃおう!
とは、言うものの頭で理解してもなかなか難しいです。
だからこそ、練習が大事なのだと思います。

アドバンス2のワークで私の感じたこと

苦手な人を脳内でイメージすると、そのイメージを懸命に消そうとする自分
黒く塗りつぶしたり、モザイクかけたり、スマホ画面のようにスワイプしてみたり。
だんだんと身体にも反応が見られます。胸のざわつき、腰の重さ、背中に走る痛み、肩にかかる圧力。
一言で言うと、もうぐったりグロッキーでございました。

十分に感じ取った後、自分に寄り添い自分自身に言葉をかけてあげます。
(1回目に行ったワークの中では感情に飲まれてしまい、自分への声かけはできませんでしたが、
2回目はちゃんと自分に声をかけることができました。)
今度はLP、「相手から私にとって何か必要なモノが流れてくる」・・・そう思いながら苦手な人を思い浮かべます。
それはそれ、これはこれ。と言った具合に
ちゃんと、イメージとして心地よいモノが流れてくる不思議。
杏のような果物が熟し、天日にさらされ干し果物になり、口に入れると濃厚な甘みとほん少しの渋みを感じました。
そう感じたとき、ふと苦手な相手のことを「あぁ、そうか、それ(苦手とする部分)はあの人の味なのだ、味の中のひとつの成分なのかもな」と
「苦手だけども、そっか、そっか」とストンと腹に落ちた感じがしました。
苦手な相手から受け取るモノ、そこから学べることもあります。
そう感じたワークショップでした。

 

LPワークショップ名古屋開催の事務局をされている野口カウンセラーもアドバンスの記事を書いてます。
LPに関心がある方は是非ご参考に!
野口カウンセラーのブログはこちら

とても気さくで素敵な高野先生とまったり和やか安心できる場所で行う
毎日にきっと役立つ「ラビング・プレゼンス」のワークショップ
是非ご一緒にいかがですか?

lp

高野先生の本「人間関係は 自分を大切にする。から始めよう」もオススメ!

ラビング・プレゼンスワークショップ、次回名古屋開催は7月11日です。
お申し込みは、こちらから
(7月11日名古屋をお選びください)