こころに住まう仙人

仙人はいつもこころの湖を見つめる

 

湖に小石が投げ込まれ波紋が広がると
「ほほう、小石で水面に波紋が広がるのう」

強い風が吹き湖面が荒れると
「強い風じゃのう、波がたっとるわい」

花びらが水面にひらりと落ちると
「花も湖面もやさしく揺らいでおる」

仙人は絶え間なく変化する湖面の表情をただ見守る

GAK83_akaneironokumogauturukomen-thumb-1000xauto-16222

 

もしも、心がざわついたり、大きく感情が動いたときは
心の中に住む仙人を思い出してみる

「今、仙人はどんな心の湖を見つめているのだろう」
「どんなことをつぶやいているのだろう」

 

湖の全体を見渡す仙人に意識をあわせ
起きていることをそのまま感じる、味わう。

 

その中で気づきを得られることもあるだろう