【2015年10月のお題】
「穴があったら入りたかった(泣)」話(くれたけ#26)

 

毎月、いろんなお題(テーマ)で
くれたけ心理相談室所属のカウンセラー達がお答えする企画記事
10月のお題は
「穴があったら入りたかった話」

人間生きていれば、いろんなことが起こります。

可愛いものなら、言い間違い、書き間違い、勘違い、失敗
そうでないものなら、ここには書けないような事などなど

当時、私にも顔から火が出るような出来事は多々あったと思いますが
ありがたいことに、その時の記憶は脳内ブラックホールに吸い込まれ
思い出せない幸せなオツムの持ち主
その代わり、過去の痛々しい自分を思い出すと
帝愛グループの地下施設でさらに50mほど穴を掘りたくなります。
痛すぎるあの頃を思い出すと、カイジよろしくジタジタします。(賭博破戒録カイジ 参照)

 

その昔、奇妙奇天烈奇怪なファッションにハマっていた時代がありました。
ジャケットのサイドは網、袖の部分も網、ミニスカートのサイドももちろん網
メッシュとかではなく網

アー ユー くノ一?

そう言われても致し方ない。
そんな格好が格好いいと信じて疑わなかったあの頃
その格好で堂々と会社に出勤していました。

若さってこわい・・・そして恥ずかしい

 穴があったら、いや、穴を掘ってでもくノ一ファッションの自分を埋めたい、
そして今の私も埋まりたい。
穴の中でひたすらTPOとはなんぞやと教えたい。」
そんなお話でした。

N825_ohirunojikan-thumb-1000xauto-14804

 

もう二度と戻らない時を積み重ね生きていく
様々な経験、体験し学んでいく
あの時の私が、くノ一ファッションをしたから

今、こうしてブログに書くことができる。

無駄なことなど一つもない

 

今までの経験、体験を活かしてこれからも歩んでいこうと思うのです。