乾燥する季節になってきましたね。
乾燥防止のために加湿器を置いているご家庭も多いと思います。

お部屋を潤しながら、香りも楽しむアロマ加湿器もありますね♪
好みの香りをブレンドして、芳香浴も楽しめるのでとても人気があります。

でも、猫と一緒に暮らしている方
アロマ加湿器はちょっと待ったああああああ!!!

猫にアロマオイルは危険!

ちょっとショッキングですよね。
え!そうなの!?と驚く方もいらっしゃるかもしれません。
いついつまでも愛するにゃんこの元気を願うためにも、ちょっとだけ長文おつきあいくださいね。

なぜ猫にアロマオイルはNGなのか

猫の肝臓の代謝機能が犬や人間と少し異なります。
肝臓の重要な働きのひとつに解毒があり、体にとって有害な物質を無害に変化させています。
猫の肝臓には、重要な解毒機構のひとつであるグルクロン酸抱合がないことがわかっています。
そのため精油や植物毒性に限らずグルクロン酸抱合で分解される薬(アスピリンなど)は
少量でも中毒に陥りやすいです。
同様にグルクロン酸抱合の能力が弱いフェレットでも、
精油の毒性がでやすいことが分かっています。≪nekopediaより引用≫

アロマオイルには猫にとって有害な物質が含まれていることがあり
猫にはアロマオイルに含まれる毒性を解毒する機能がないため
肝臓への負担が蓄積され肝不全、急性中毒などを引き起こす可能性があります。

猫とアロマオイルに関するコワイ話

抗菌作用や消臭作用に優れているティーツリー
そのティーツリー入りのシャンプーをした翌日に亡くなった例や
飼い主がアロマ好きで数年後に飼い猫が中毒になってしまった例もあるそうです。

じゃあ、猫を飼っているとアロマを楽しめない?

と、言うわけではありません。
芳香浴をする場合は、精油をやや少なめで猫が立ち入らない部屋で行う。
換気をしっかりする。等々
猫に異常が見られたときは即病院。←これ必ず!!!

私も香り大好き!アロマ大好き!!!!
・・・だったのですが
猫にアロマはNGと知ってから家で精油を使うことを止めました。
お香はどうか?と言うところですが、
今の段階ではお香で中毒になったという事例はないそうですが
「安全」「危険」の判断が出来ない状況です。
私がお香を焚くときは、猫のいない部屋で焚き換気必須!

HIRA78_nezuminoomocyatomesuneko-thumb-1000xauto-15787

ペットへのアロマ

猫にはNGなアロマオイルですが
アロマセラピーの効果は人間だけでなく人間のパートナーの犬にも最近は多く活用されています。
アロママッサージでリラックス、スキンシップなど♪
動物にNGなアロマオイルもありますので
専門家の指導に従い、愛犬の様子をみながら楽しいアロマライフを(^^)