本日12月22日は冬至
一年でもっとも昼が短く、夜が長い日
冬至を境にだんだんと日が長くなりますね。

冬至にかぼちゃを食べて、ゆず湯に入ると無病息災!
ということで我が家も今夜はかぼちゃの煮物とゆず湯の予定です♪

a1180_011696

また冬至は一陽来復(いちようらいふく)ともいわれ、
1年で最も日が短いということは、翌日から日が長くなっていくということ。
そこで、冬至を太陽が生まれ変わる日ととらえ、
古くから世界各地で冬至の祝祭が盛大に行われていました。

陰が極まって陽が帰ってくること、境から運が向いてくる転換の日でもあるとされています。

 

ただ何気なく過ごしていれば、普段と変わらない一日だけど
暦、太陽の動き、自然の流れを意識しながら過ごすととっても特別な日だと感じますね。

 

人間も地球という星の一部、宇宙の一部
自然に、宇宙に生かされていることに感謝し
今夜はゆっくり、ゆず湯に浸かろうと思います。