毎月、いろんなお題(テーマ)で
くれたけ心理相談室所属のカウンセラー達がお答えする企画記事
2016年1月のテーマは

【2016年1月のお題】
「あなたが影響を受けた(歴史上の)人物は?」(くれたけ#32)

私が影響を受けた人物、それは

マンガの神様 手塚治虫先生です!!

初めて手塚先生の作品を読んだのは14歳くらいの頃でした。
最初の印象は、絵柄が古いな、とか、コマ割り小さいな、とか文字多いな・・・
そんな感想でしたが、読み進めていく内に手塚ワールドから引き返せないくらい
どっぷり浸かっていました。

image

夢と希望とロマンと冒険!
マンガの醍醐味ですね!!!
でもでもそれだけじゃないんです。

手塚先生の作品はどれも深いテーマがあり
読み終わるといつも、私は深い、深い、呼吸をするのです。

いのちの尊さ、人として、生物として、宇宙の一部として
「いのちとはなにか」を作品を通してやさしく説いてくださっているような気がします。

 

手塚作品にはよく、同じ顔(名前)のキャラクターが様々な作品に登場

たとえば、間久部緑郎(ロック・ホーム)やランプ、ハムエッグ等々
彼らはあるときは善人、あるときは悪人として作品を彩っています。

キャラクターを芝居の役者のように作品のなかで動かすのも
いのちなのだなと感じます。

一つのキャラクターが作品ごとに役を演じるのは
まるでこの世に生まれた私たちのようだと感じたのです。

ひとつの魂がキャラクターだとすれば、この時代の物語の登場人物として存在している。
この物語が終われば、また次の時代の登場人物として。

輪廻転生
いのちの数珠つなぎ
大いなる存在
宇宙

これらのことが自然に頭の中に溶け込んできます。

私が特に好きな「火の鳥」はいのちをテーマに様々な時代や背景を舞台に描かれています。

多感な思春期の少女の心を掴んで離さなかった手塚作品は
私の心や価値観に大きな影響を与えたと思います。

 

他にも好きな作品は「ブラックジャック」「ブッダ」「七色いんこ」「MW」「アドルフに告ぐ」等々
まだまだたくさんありますが今回はこのあたりで。

今回のテーマは「影響を受けた人物」

手塚作品の生みの親
手塚治虫先生の名前を挙げさせていただきました。

世界中で愛される手塚作品
これからも愛し続けます。

image

※写真について
ストラップは10年以上前に友人に手伝って貰いながら集めたもの。
全部で10種ほどあります。もちろん未開封未使用。

ブラック・ジャックのトイレットペーパーは6年前に購入
もったいなくて、そしてなにより愛する間黒男先生の台詞が
プリントされたペーパーを使用するなんて畏れ多い・・・!!!ヒィィィ