二十四節気 穀雨(こくう)

4月20日から立夏(5月4日)までの期間は穀雨
春季の最後の節気です。

春の雨が百穀を潤すことから名づけられたもので、
雨で潤った田畑は種まきの好期を迎えます。

この時期に降る雨は「百穀春雨」といわれ
種まきなどを始めるのに適した時期とされています。

私の住む地域では、ゴールデンウィークのあたりが田植えシーズン。

PPP_tesagyoudenaewoueru_TP_V

田んぼに水が入ったら、夜な夜な蛙の大合唱
その頃になると、春から夏へ徐々に季節が移ります。

穀雨が終わる頃は八十八夜

寒い寒いと言っていたのは、いつの日か
あっと言う間に夏ですね。

 

人生の中でも
種まきの時期、成長の時期、収穫の時期、
そして次の種まきまでの蓄えの時期ってありますね。

私たち人間も地球の一部、自然の一部だと感じます。