ものすごく心が傷ついて
痛くて痛くてたまらない
泣きたくて
叫びたくてたまらない

それでもきみはしっかり立とうと歯を食いしばる

 

あの人が味わった苦悩に比べたら
私の痛みなんてたいしたことない
私の悩みなんてたいしたことない

 

そうして自分を誤魔化す
この痛みはたいしたことではないのだと

 

本当にそうかい?

 

他の人の痛みは他の人のもの
それを自分の痛みと比べる必要はない
どんな痛みも自分の心の叫び声

自分の感情を誤魔化さない
自分に正直でいよう

 

だから痛みを感じたら
自分の痛みから目をそらさない
泣いて
叫んで
感情を解放してみようか

そうして、また立ち上がればいい

 

大丈夫、ひとりにしない
きみが望めばいつでもそばにいる

 

frog-1247170_640

 

どんな出来事も必要な経験
昔の自分も愛しい自分
過去の自分を思いながら、そして誰かの心に届けばいいな
と、この文章を書きました。

あのときは、なーに気張ってたんだかと今なら思います。
誰かと痛みの度合いを比べることで
自分を誤魔化し継ぎ接ぎだらけで
「私ちっとも痛くありませんけど?」と澄ましてた。
かっこ悪いと思ってたんだよね、正直に痛いようって泣くのを。
その結果体壊しちゃ世話無いわ。

よく頑張ったねと過去の自分にハグしよう
そしてずっとそばにいてくれた家族に大きな愛と感謝を。