生きてりゃ凹むことも、しょげることもあり

意味もなく憂鬱な気分の時もあります。

 

こんな気分のときはいつも気がつくと
愛猫の連太郎がそばに来てくれます。
しっぽが触れるか触れないかくらいの絶妙な距離

 

なにも語らず
ただただ、私のそばにいるだけ。

それだけなのに、少しずつ心がモヤが晴れていくのが分かります。

なにも話さなくても、そばにいてくれるだけで勇気づけられます。

image

今日は連太郎先生に
『相手を想い、愛を持ってそばにいること』
とても大切な存在のコミュニケーションについて教えていただきました。