何気なくほげーっとツイッターを見ていたら
側坐核』という文字が目に飛び込んできました。

あれ?この文字さっきも何処かで見たぞ?どこで見たかは忘れたけど・・・

二度も目にして、なにか気になるということは
「今、知る必要があるのだ!」と言うお告げだと思い
側坐核』を調べているとこんなことが書いてありました。

側坐核はやる気スイッチ!

側坐核とは前脳に存在する神経細胞の集団
ざっくり言えばこの側坐核を刺激するとドーパミンがドバドバ出てやる気が起こるそうな。

ドーパミン=やる気ホルモン

その側坐核に刺激を与えドーパミンを出すためには
具体的に動くこと、作業をすること。
手足を実際に動かし、脳を動かす。

するとだんだん、側坐核も「お!動いてきた、じゃあ、こっちも動くかな」
と言っているかは知らないけど、やる気ホルモンを出してくれるそうです。

そうすることで、なんだか体も気持ちもノってきたーーーー!!!

という仕組みだそうな。

脳みそはスゴイのう(脳)脳科学は難しいのう(脳)

 

やる気スイッチを押すためには、実際に動くこと、行動すること

「やる気降りてこーい!」「ブログネタの神様降りてきて-!」
とこたつの中でゴロゴロしていても
脳内のやる気スイッチは押されません。

やる気が無くても、とりあえずちょっと実際に動いてみること。

こたつでゴロゴロしていた私ですが
パソコンを起動し『側坐核』を検索するという行動を起こしたことで
いろんな記事を読み、なるほど!と知ることができました。
そして「これはブログに書こう!」というやる気がでたというわけです。

dog-1212400_640

頭が煮詰まったとき、気分転換したいときなども
ちょっと歩いたり、運動するとスッキリしますね。

運動は体を動かし心を動かし運も動かすのですね♪